REVIEW

America Give Up
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加

Howler

America Give Up

Hostess Entertainment / BGJ-10144 / \2,200 (tax in) / 12/02/08発売
あのUK老舗レーベル“ラフ・トレード”から、まやもや期待の大型新人が登場した。アルバム・リリース前にNMEの“ニュー・バンド・ユー・ウィル・ラヴ”で第1位、“ベスト・ニュー・バンド”では第1位に選ばれ、すでに話題沸騰中。彼らの名はハウラー。そして何といっても驚くべきことは、なんと彼らはティーン・エイジャーだということだ。10代にしてこのクオリティのものを創り出す彼ら...末恐ろしい。早速中身の楽曲を紹介したいと思う。1曲目「Beach Sluts」少しサーフっぽいメロとガレージ・ロックのようなジャキジャキしたきらびやかなギター・サウンドが光る、疾走感あふれる楽曲で幕を開け、2曲目「Back To The Grave」ではパンキッシュな要素を含みながらも、低くうなるような気だるいヴォーカルで、何とも言えない“オルタナ感”を演出している。続く3曲目「This One's Different」は、ザ・ドラムスばりのビート感あふれるノれる楽曲で、まさにライヴ向きな楽曲だと思う。全体的に10代特有の“青臭さ”がありつつも、そのサウンドは間違いなく彼ら独自のサウンドを創り出しているし、若手バンドによくありがちな勢いだけで乗り切っている感じは全く感じられない。メロ、展開、サウンド全てがきちんと考えて創られているのだ。とにもかくにもとりあえず実際に聴いてもらうのが1番手っ取り早いと思う。是非この機会に聴いて欲しいと思うし、この作品を聴かないということは今年の音楽シーンを見逃すことと同じようなことなのではないかと思う。(VIBE/中島諒)
1.Beach Sluts
2.Back To The Grave
3.This One's Different
4.America
5.Too Much Blood
6.Wailing (Making Out)
7.Pythagorean Fearem
8.I Told You Once
9.Back Of Your Neck
10.Free Drunk
11.Black Lagoon
12.Pale Skin*
13.Horrorshow*

*Bonus Track (Japanese Only)

Howler (アーティスト情報)のその他のレヴュー
*その他のレヴューはありません

2012/02/08のレヴュー一覧
Lana Del Rey
Lana Del Rey / Born To Die
Howler
Howler / America Give Up
小南泰葉
小南泰葉 / 勧毒懲悪
the telephones
the telephones / D.e.n.w.a E.p.
戻る
会社案内 利用規約 お問い合わせ
Internet Explorer Internet Explorer Netscape Navigator RealPlayer Windows Media Player FLASH Player
HOME
This website is best viewed with Internet Explore 5.x or higher,Netscape Navigator 6.x or higher.